2018 Rd.5 MOTEGI SUPER TAIKYU    2018年9月22日(土)・9月23日(日)

ピレリ スーパー耐久シリーズ2018第5戦は、9月22〜23日にツインリンクもてぎ(栃木県)において5時間レースとして開催。予選3位からスタートしたY’s distraction GTNET GT-R(浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/Sun Zheng)は、50kgのハンディウェイトを搭載しながらも粘りと我慢の走りで3位表彰台を獲得。最終戦を待たずに4年ぶりのシリーズチャンピオンを確定した。


 ツインリンクもてぎは前半部分に短いストレート2本を直角のコーナーで結び、中盤にテクニカルコーナーを挟み、さらにはヘアピンからバックストレートは急な下りで、さらに直角コーナーから最終コーナーへつなげるなど、ストップ&ゴーコースとして知られている。このためブレーキやタイヤに厳しく、50kgのハンディウェイトを搭載するY’s distraction GTNET GT-Rには苦戦が予想された。
 しかも予選の前日に行われた専有走行は冷たい雨の降るウェットコンディションとなり、ドライ用のベストセッティングも確認できないまま、予選日を迎えることとなった。今回ST-Xクラスに参戦したのは、NISSAN GT-R NISMO GT3が3台、アウディR8 LMSが2台、レクサスRC F GT3が1台の計6台。4位以上の結果を残すことでタイトル獲得が決まるが、慎重にレースを進めなければならなかった。

◆公式予選
 今回の参加台数は全8クラスで計48台。公式予選は22日、朝の弱い雨も上がりドライコンディションとなった蒸し暑い午後にA、B、C、Dドライバー別に行われ、A、Bドライバーのベストタイム合算で争われた。今回もA、Bドライバーの枠だけ、10分間のST-X専有走行枠が設けられた。ジェントルマンドライバーのAドライバー予選で浜野が2位と健闘。プロ(プラチナドライバー)のそろうBドライバー予選では星野が4位につけ、合算では3位となった。星野は「セッティングが決め切れなかったのですが、何としてでも今回で(チャンピオンを)決めて、最終戦を楽に戦いたいです」と気持ちは決勝レースに切り替えていた。

◆決勝レース
 5時間レースのスタートは、12時3分に切られた。スタートドライバーを務めた藤波は、予選2位の#81アウディR8を1コーナーまでにかわして2位へ浮上。#24 GT-R、#99 GT-R、#3 GT-Rという3台のGT-Rによるトップ集団を形成した。#24 GT-Rがリードを築き、これを藤波と#3 GT-Rが追いかける展開に。スタートから1時間25分を経過した41周でトップの3台が同時にピットイン。藤波は浜野に交代しピット作業もミスなく終え、浜野は2位を守ってコースへ。しかし#3 GT-Rはプラチナドライバーがドライブしており、浜野は無理なバトルを避けて3位でペースを守ることとなった。
 レースも2時間を経過したころ、トップを走行していた#24 GT-Rがトラブルを抱えて緊急ピットイン。修復に10分近くを要し優勝争いから脱落すると、浜野は2位へ順位を上げた。ジェントルマンドライバーの最低周回数をクリアした浜野は71周でピットインし、ここで星野に交代した。トップを走行する#3 GT-Rは85周でピットインしジェントルマンドライバーに交代。星野は20周ほどをかけてこれに追いつくと、107周目の90度コーナーでトップに立った。そして111周でピットインしアンカーである藤波が再びコースへ。
 優勝を争う#3 GT-Rも114周でピットインして最後のスティントに。そしてその時点でトップに立っていたのは既に規定である3回のピット作業を済ませていた#83アウディR8だった。しかし127周で#83アウディは4回目のピットインで短時間の給油だけでコースへ復帰。2位の藤波の5秒前でトップを守ることとなった。139周目、藤波にハンディウェイトなしで軽量な3位の#3 GT-Rが接近。ピットからは無理なバトルを避ける指示が出されたこともあり、藤波は3位へ順位を落とすこととなった。
 その直後、#83アウディに黄旗追い越し区間での違反があり、10秒間のピットストップが命じられ、#83アウディはぺナルティストップを消化。この間に藤波は2位に浮上した。しかしレベリオンレーシングから世界耐久選手権(WEC)に出場し8月のシルバーストンでは総合優勝を飾っているマティアス・ベシェがドライブする#83アウディが藤波に追いついた。147周目のビクトリーコーナーで藤波は悔しさを噛み殺しながらバトルを避けて順位を譲り、その後は3位キープに徹する我慢の走行を続けた。そして150周で5時間レースはチェッカー。Y’s distraction GTNET GT-Rは3位ゴールで、最終戦を待たずに4年ぶりのチャンピオンを奪還した。残るは最終戦の岡山ラウンド(11月3〜4日)のみ。今季3勝目を狙いチャンピオンらしいレース展開を目指す。

浜野彰彦
「(ST-Xクラス)初参戦の年にチャンピオンとはメチャ持ってますよね。それにしても自分はいいクルマを作ってもらっていい環境で乗せてもらえて(星野)一樹さんにいろいろ教えてもらってチームのおかげだと思っています。本当にうれしいです。応援ありがとうございました!」

星野一樹
「3位で表彰台に立ててチャンピオン獲得は本当にうれしいです。4年前にチャンピオン取ってからの3年間は信じられないようなトラブルもあり本当に悔しい思いをして来ました。今年はシーズンを通してノーミスで来ることができたし、(藤波)清斗がすごく成長してくれたし、このレースはその集大成のようなレースでした。みんなで勝ち取ったチャンピオンです」

藤波清斗
「最後のスティントはチャンピオンを獲るために無理なバトルを避けて走りましたので仕方ないですね。4輪に上がってから初めてのタイトル獲得ですので、本当にうれしいです。またこれからも頑張っていきたいと思っています」

尾本直史チーム監督
「とにかくホッとしました。今年は長いレースが多く、1回のトラブルでも順位を一気に落としちゃうので、メンテナンスの部分も力を入れてやってきましたが、それが結果につながって良かったなと思います。チーム全体で獲ったタイトルですし、表彰台に上がれたのも良かったですね」

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61