2017 Rd.5 富士    2017年9月2日-3日

アクシデントが重なるも、8位完走を果たす

今シーズンもいよいよ後半戦を迎えたスーパー耐久シリーズ。第5戦の舞台は静岡・富士スピードウェイ。高速ストレートを持つサーキットでの一戦は、スーパー耐久として迎える今シーズン初の10時間レースとなる。予選5位からのスタートを切ったNo.99 Y’s distraction GTNET GT-Rは序盤こそ安定したレース運びを見せていたが、駆動系のトラブルが発生。優勝争いから完走へと目標をスイッチすることを強いられたが、底力を見せ、その後はノートラブルで8位チェッカーを受けている。

<予選>
「富士SEPER TEC」として開催される今大会。2013年、14年に7時間レースとして開催され、その後、1年に決勝時間が1時間ずつ延長され、ついに今年10時間という国内公式レース最長のイベントとして行われる。59台が同じコース上で10時間という長丁場を戦い抜くのは、極めてハードなことであり、またそれなりにリスクも伴う。シーズン中から続く全クラス混走の中で芽生えたスポーツマンシップに則り、クリーンなバトルができるよう、期待が集まった。

迎えた予選日。早朝まで雨が残ったため、コース上はウエット。だがタイムアタックまでに路面が乾き、ドライコンディションでの走行が可能となった。No.99 Y’s distraction GTNET GT-RのAドライバーとしてコースインした植松選手は、1分43秒320をマークして6番手となる。続くBドライバーのアタックに挑んだ星野一樹選手は、3番手となる1分40秒472をマーク。このがんばりによって、No.99 Y’s distraction GTNET GT-Rは総合5番手からスタートを切ることになった。


<決勝>
10時間レースの決勝は、その時間の長さからイベントの進行スケジュールも普段の大会とは大きく異なり、午前8時に決勝がスタートした。心配されたコース上の大混乱も少なく、レース中、1度セーフティカーがコースインしたものの、15分弱でレースはリスタート。その後も、順調にイベントが進行した。だが、その一方で、No.99 Y’s distraction GTNET GT-Rにとっての富士10時間レースは、大きな悔しさを味わう一戦となってしまう。

この日、スタートドライバーを務めたのは、星野選手。順調に周回を重ね、最初のピットインとなる44周を走破。ピットで待ち構える梅松選手へとバトンを繋いだ。植松選手も安定したペースで周回を続けたが、ルーティンを前にクルマの不具合を訴え、予定より1周早いタイミングでピットへマシンを戻すことに。植松選手によると、駆動系にトラブルがあるとのこと。だが、目立った外傷もなく、不具合を感じる原因も究明されず。結局、チームでは、Cドライバーとして出走の準備をしていた藤波清斗選手を一旦コースに送り出す判断を下した。

コースに復帰したNo.99 Y’s distraction GTNET GT-R。しかし、ステアリングを握る藤波選手からもやはり駆動系の異変を訴える声が。ちなみに、10時間レースはチェッカー優先の戦い。最後の最後までコースに残っていなければならない。どれだけ周回数で遅れを取ろうとも、チェッカーを受けなければ意味がなくなってしまう。そのこともあり、チームでは藤波選手をピットインさせ、徹底的にトラブルの原因を解明する選択をした。

待ち構えたメカニックが早速作業を開始。結局のところ、ドライブシャフトに原因があると判明。長丁場を走り続けるためには交換が必要となり、すぐさま作業が始まった。結果として、上位争いからの戦線離脱にはなってしまったが、先にも述べたように、チェッカーを受ける権利はまだ存分に残されている。チームでは、No.99 Y’s distraction GTNET GT-Rでの完走を目指すために、全力で復旧作業に取り組んだ。作業は1時間ほどを要し、結果、トップから36周の遅れを取ってはしまったが、作業を終えたNo.99 Y’s distraction GTNET GT-Rは、その後、藤波選手、植松選手、そして星野選手とルーティンワークをこなし、無事にチェッカーを受けてフィニッシュ。8位完走を果たしている。

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72